2016/11/06

花を綺麗にいける為の余裕とは



ここ最近、花を綺麗にいけれる人とはどのような感じでいけてるのか?というのを考えてました。花を綺麗にいけれる人とそうではない人、その違いがなんとなく分かってきた気がします。


結論からいうと余裕がある人が綺麗に花をいけてるようです。


そこで、その余裕とはなんだって話になるのですが、いろんな意味を含んでるので説明していきたいと思います。

まず、花を見て綺麗と思う方は、すごく多いと思います。それは花一輪でも、自生している花や木々、季節ごとに異なる表情を見せる植物を見て、人は綺麗という感情を移入していくのではないかと思います。

植物には感情が移入する隙間があるのではないかと思います。いけばなの世界では間というのを大切にしてるようで、花を見せるのではなく間を綺麗に見せることが重要と教わったことがあります。


植物の間とは、考えても難しかったですが上の石化ヤナギは直線的ではありません。
クネクネと曲がってたり、枝分かれしてます。
一番分かりやすい例えだと、風の流れに置き換えて考えてみます。この写真の石化ヤナギは左から右に流れていています。もちろん反転させれば逆になります。茎が曲がってる所は風の流れが変わる所で、簡単にいうと曲がってる所でそこが間になるわけです。

しかし、間には面積があり、強弱があります。その辺は文章では説明しづらいとこです。


植物の姿と間を見て、元気な感じ、悲しい感じと擬人化することによって感情移入するというじゃないかと思います。


このコスモスだと、下にあるコスモスは元気な感じがします。上のコスモスは少しそっけない感じだったり悲しい感じがしませんか?
この感じ方も人によって違うとは思いますが、一人の意見として、僕はそう思いました。


間とは感情を入れる余白(余裕)なんじゃないかと

以上は、花材の話で、いけるというのはあくまでも人が行う行為なので、花材をどう使うかによって、綺麗に花をいけれるか違ってきます。




そこで、次はいけ手の話です。
花をいける際に余裕はありますか?

その余裕とは、時間、技術やセンスなど色々ありますが、今回は時間と技術にスポットを当てて話していきたいと思います。

初めてしたアルバイトってテンパりませんでしたか?ぼくは何していいか分からなくて、とりあえず言われたこと以外はやらず、ボーッとしてました。
今、考えると余裕がなかったんですね。

セレブをテレビで見ると、お金もあって、時間もあって羨ましいなと少しは思ったことはありませんか?実際は忙しいくて、借金してるかもしれませんが。


こう考えると余裕があることは重要なんだなと気づいてしまったのです。
花をうまくいける人にはこの余裕があります。


たとえば
時間を気にせず綺麗にできるまでやり続けたり

 早くても圧倒的なスキルがある人だったり
 すごく、いい花をふんだんにつかったり
 
 ごく稀にめちゃくちゃセンスがいい人

 
 そこで、まず花を綺麗にいけれるようになるには、自分が納得するまで花をいけること
 といいと思います。
 
 技術は、やはり手に入れるには時間がかかりますし、綺麗に花をいけたことがない人に
 は手に入れることが難しいです。いい花を買うためにお金をかけれる方は、かけてくだ
 さい。ですが僕みたいにかけれない人も多いと思います。花って高いですもん。

 
 自分自身に余裕を作ることと植物の余白を見つけて表現することが花を綺麗にいけるの
 に重要なことだと思います。



 少なくとも2016年11月の僕はそう思ってます。
 来年あたり、全く違うこと言ってるかもしれませんが

2016/11/05

2016年東京ブロック予選

東京ブロック予選に参加してきました。

結果はファイナル敗退で本戦出場を逃しました。


写真は、持ち込み作品でメインテーマは masturi花の鼓動 でした。
ぼくがつけたサブタイトルは 舞い扇ぐ で祭りの勢いと高揚感を表現してみました。
全体的にピンク系で纏め、季節感を意識して秋の花材を使用しました。

今回はイメージした作品がしっかり形になり、大満足で試験的に行った手法も問題なく、評価され、今までの作品の中でも思いれ深い作品になりました。

この持ち込み作品は3位通過だったのに、ファイナルでしくり、とても悔しい思いをしましたが、持ち込み作品に関しては、これからの作品も含め自身が付きました。


まだ、コンテストがあるので全て勝ち取る勢いで、挑戦したいと思います。

2016/09/08

高幡不動尊フラワーデザインコンテスト






高幡不動尊で行われたフラワーデザインコンテストに出展しました。
小さなローカルコンテストですが、70作品ぐらいの出展があり、会場内は華やかな雰囲気んに包まれてました。

結果はプロ審査部門1位、一般審査部門3位と見事な結果で嬉しくてしかたがありません。

作品は、幅が5センチと極細作品で、バックパネル部には、ドライにした紅葉を上から下に落ちる様に張っていき、アクリル板でカバーしました。ポイントでシルバーの水引を使って、アクセントと作品を引き締める感じにしました。

花材は、カラー、オンシジューム、スプレーマム、ワレモコウと今まで作った作品の中でも少ない花材の量です。メインのカラーのラインが消えないように注意し、オンシジュームは単調な色合いの挿し色で使いました。ワレモコウは空間どりに使い、マムはメカニカル隠しに、今回は花材が少ないので役割分担がしっかりできたと思います。





祈念に作品横に置かれる結果の紙を持って帰りました。
いつか、どちらも1位という結果をだしてみたいです。また、来月もコンテストに出展予定なので、今から、少しづつ準備していきたいと思います。





コンテストの入り口装飾も頼まれてました。高さは2メートルを超える作品です。
少し枝ものを入れすぎてごちゃついた感じがしてしまったのが反省点です。足し算しすぎて引き算を忘れたかんじが否めないです。実際、現物を見ると配置場所は逆光になって細かい枝が消えてしまうので、そこまで気にならないかったのが幸いでした。



2016/08/27

緑におもてなし 東京テレポート駅


ブログ更新お久しぶりになりましたが…

緑のおもてなしということで東京都産の植物を使用して東京テレポート駅に外と中に展示される作品のデザインをしました。

真夏の展示ということもあって、苗と観葉植物のみで構成されし、外の作品の大きさは横幅が17メートル程の大きな作品になりました。

施工日は天気にも恵まれて、炎天下のした業者の方や大工さんと共に手がけていきましたが正直もう少し曇っていてくれた方が助かりました。最後の方はとろける勢いでした。


駅構内の展示作品は、このような感じで4つのベースからに苗を配置してあります。

外と違い日差しの心配はなかったですが、地下鉄に電車が入ってくると強めの風が通ることもあり、乾燥してしまう心配がありました。


共に作品の大きさや安全対策で制約が多く、頭を悩ませることもありましたが、形になり多くの人に作品を褒めていただき嬉しく思ってます。6日間と短い展示期間でしたが、このような大きな仕事を出来たことは反省点もあり、学ぶこともありと自身を大きく成長させていただきました。




2016/05/14

career



Nフラワーデザインインターナショナル 理事 本部インストラクター

監修
    2016年6月〜    C channel 生花関連動画

作品展示
 横浜山手西洋館 外交官の家
 渋谷公園通りフラワーフェスティバル タワーレコード入口
 フローリストレビューリース展 表参道ヒルズ
    緑のおもてなし  東京テレポート駅
 日本郵船氷川丸
 高幡不動尊

作品掲載著書
 「花束デザイン図鑑200」
 「フラワーリースデザイン図鑑300」
 「フラワーデコレーション図鑑200」

 2013年3月
  月刊フローリスト 特集 心躍る春の花束
 2013年5月
  月刊フローリスト 若手5人が春を飾る!横浜外交官の家装花
 2014年12月
  月刊フローリスト クリスマスリース大・大・大集合
 2015年1月
  月刊フローリスト 歴史ある氷川丸で開催!Nフラワーデザインスクール展
 2016年4月
  月刊フローリスト テーマ花のある 第15回
 2016年6月
  月刊フローリスト THE生け込め!
   2016年7月
       月刊フローリスト    旬花繍到

受賞
 JALCUP1012 入賞
 2014年ジャパンカップ東京ブロック予選 ファイナル出場
 2015年ジャパンカップ東京ブロック通過
 2016年ジャパンカップ出場 東京ブロック代表
 2016年46地区高幡不動尊 フラワーデザインコンテスト 優勝


 
 

2016/02/29

チューリップの裏ワザ


今回は知ってる方も多いかと思いますが少しチューリップの裏技を紹介したいと思います。

チューリップは春の花の代名詞といっても過言ない花で変わらず人気があります。春にしかない花なので楽しみされてる人も多いです。

しかし、チューリップの可愛らしさはあまり長くはなく、花自体の持ちは長いのですが、春の花特有の暖かくなると花が開いてしまったり、花茎が伸びてしまったり、自由きままな花です。花が開いた姿に驚いた方も多いのではないでしょうか!?

写真のチューリップも少し置いておいたら花茎だけ、伸びてしまいました。

そこで、裏技です。花茎が伸びたり、花が開いたりするのを遅らせる方法があります。それは花首(花の付け根の花茎のところ)にナイフやカッターで花茎に対して縦方向に1㎝ぐらい切れ込みを入れます。そうすることで水上がりを悪くし花の動きを抑制できます。

花持ちが悪くなると思われがちですが、チューリップは球根植物なのですこし傷が入ったぐらいでは影響がありません。

品種等で効果は違いますが、鑑賞期間はすこし長くなります。

2016/02/18

サンダーソニアとグリーンベルのアレンジメント


少し暖かい日がちらほらあるようになってきて、もうすぐ春になるのかなと感じさせてくれる、そんな時期に少し春っぽいアレンジメントです。

花器は黒のブリキの器を使用しましたが、この器は水が漏れてしまうことがあります。ブリキの器には少し穴が空いていたり、錆びて穴が空いてしまったりするので、注意がひつようです。その場合セロハンを引くことが多いですが、このセロハンがデザイン上、邪魔になることがしばしばあります。器の縁に花がかかる時に、セロハンの硬さで浮いてしまうことがありますので、その際には、セロハンではなくサランラップを使うとその現象を防ぐことができます。ただ、セロハンより柔らかいので破らないように注意が必要です。

作り方は、まず低い位置にSPマム類を生けていきます。花の大きいSPマムから適度な間隔を開けながら一種づつ生けていきます。ある程度、数種類のSPマムをいけたら、アレンジメント下部のポイントになる、濃いピンク色のなでしこをいけます。春っぽい感じするために色合いは黄色、オレンジ、薄いグリーンにポイントにピンクに今回はしました。なでしこをいけたら、空いてる隙間にヒムロスギをいけていきます。ヒムロスギは丈夫な植物なので吸水性スポンジに刺してなくても1ヶ月ぐらい持ちますので、吸水性スポンジにさしづらいときは無理せず、花と花の間に入れるようにいけると、花自体を傷つけたり、デザインを崩したりしないです。

次はこのアレンジメントの最大の見せ場のサンダーソニアとグリーンベルです。どちらも似たような植物です。デザイン上の違いは葉が大きく関わってきます。グリーンベルの葉はあまり綺麗な状態は長くないので今回は全て取ってあります。サンダーソニアの葉もすごく丈夫なわけではないですが。すっとした葉はアレンジメントのアクセントになるので今回は使用しました。サンダーソニアの葉を多く入れてしまうと雑な感じになってしますのである程度間引いて使用しましょう。

先にサンダーソニアをいけていきます。注意点はアレンジメント下部のSPマムのところにサンダーソニアの花が当たらないようにします。サンダーソニアとグリーンベルの最大の特徴は花が提灯みたいになってることです。なので少し浮いてるような雰囲気にして、その特徴をいかしていくと綺麗になります。あとはある程度、高低差をつけてサンダーソニアをいけていきます。そのあとにグリーンベルをいけます。サンダーソニアより高い位置やサンダーソニアの花がないところにいけていきます。ここでもう一つのサンダーソニアとグリーンベルのの違いが大きく関わってきます。グリーンベルの方がスプレータイプの植物で茎のラインがはっきりしているので、サンダーソニアより動きがある植物です。そのラインをいかして軽やかさを出していきます。この際もサンダーソニアの花と当たることなくいけていくと綺麗になります。

最後に、LOVEのオブジェをグルーで器につけ、コケでグルーを隠します。小花がたくさん入ってるアレンジメントは全体のアレンジメントのポイントとなるところが作りづらいので、こういった小物でアクセントをつけることによってアレンジメント自体にまとまりをだすことができます。

2016/02/14

フラワードリーム Japan Cup


先日、東京ブロック代表でビックサイトで行われたフラワーデザインコンテストJapan Cupに参加してきました。

代表になるには各地区予選を勝ち抜き出場資格をもらわなけらばならないというハードなコンテストです。私は東京ブロックで勝ち上がり、出場資格をもらい今回初めてJapan Cupに出ることができました。

結果は残念なものとなりましたがいい経験と次の対策やもろもろが分かったので良かったです。

来年の出場資格を得る為にまた地区予選からですがやる気は十分なので頑張りたいと思います。

2016/01/03

あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願い致します。

さて、新年早々に都民の森までロードバイクで行ってきて、体のあちらこちらと痛んでます。今年も植物やらロードバイクやらの話をさせて頂いきたいと思います。

しばらくは、2月にある花のデザインコンテストであるジャパンカップの作品作りに1月は集中してると思いますがブログもできる限り更新していきます。皆様も今年が良い年になりますよう私も頑張っていきたいと思います。