2015/11/17

氷川丸大リース展用リース



氷川丸大リース展用の作品です。
大きさは60㎝ぐらいの大き目のリースで、開期期間が長いのでドライになっても綺麗な花材を使用してます。展示場所は鏡の前だったので上の写真は少しごちゃごちゃした感じになってしまってますが、かなりいい感じに仕上がってます。

氷川丸の船内は多少、暗いのでシルバーのオーナメントを使用して、作品自体に明るさをプラスしてます。ドライになるとウメモドキの色味も多少、暗くなり、さらにトーンが落ちます。その為、キラキラしたもので明るさを補わないと、氷川丸の雰囲気に負けてしまうと感じました。




引きで撮った写真だと、展示場所がわかりやすいですね。これは、プロカメラマンによる撮影のシーンでした。鏡の前の作品はどうやって、綺麗に撮るのかと、思ってましたけど、さすがプロです。すごく綺麗に撮れてました。

時期も時期でしたので、ここは直球でクリスマスのリースにしました。白い枝は晒しのキュウイヅルで、それにテグスでオーナメントを吊ってます。クリスマスの夜空をイメージした作品に仕上げて、すべてをウメモドキの円の中に収まるようにすることで、物語をイメージしやすいよう、そして、完結できるようにしてみました。雪だるまの人形で、その物語を分かりやすくしてます。

今日から、12月20日まで展示されていますので、よかったら見にきてくださいね。



0 件のコメント:

コメントを投稿